テープ起こしの音声の受け渡しについて

テープ起こしの吉岡です。

今回はテープ起こしライターとしてではなく、テープ起こしの業者目線の話になりますが、テープ起こしは音声を聞きながら行うので、音声ファイルの受け渡しを必ず行うことになります。

一番便利で推奨されている受け渡し方法は、音声ファイルをオンラインストレージサービスを使用して送信する方法です。「宅ファイル便」や「データ便」というものが無料で使えて便利だと聞きますね。

それ以外でも、業者によりますがCD-Rやカセットテープなどのメディアを直接郵送で送っても受け取ってくれるところもあります。これは配送事故や紛失などのリスクがありますので、対応可能かどうかは事前に確認した方が良いでしょうね。容量が大きくて送受信が難しい映像データをDVDで送る場合も同様です。

なお、カセットテープなどを郵送で届けた場合は、音声ファイルへの変換をテープ起こし業者で行うため、通常よりも納期が遅くなる可能性があることは知っておくと良いかもしれません。

ちなみにファイル形式としては、MP3やWAVなどを聞きますね。MP3はデータのサイズが小さいので、受け渡しもやりやすくなります。

ファイルの受け渡しは、テープ起こしライターとしてはPC上で再生ができるデータの状態で届けばあまり気にならないですが、テープ起こし業者としてはメディア紛失のリスクなどがあって結構気を配らなければいけない部分ですね。

納期を必要以上に伸ばさないためにも、テープ起こしの依頼をするときは、適切な音声データの形式でオンラインストレージサービスを使って受け渡すのが一番良さそうということは間違いなさそうです。