翻訳の仕事と翻訳会社

文芸翻訳の仕事の流れは結構細かい工程があって、それを一つずつパス(通過)していくことで先に進んでいきます。その流れはリーディング依頼を受けてからシノプシスを作成していきます。シノプシスっていうのはあらすじの事です。ノンフィクション作品の翻訳をする時にはまずはこれを作成しないと話になりません。そして、それを元に企画会議をして出版されるかが決定します。

出版ってなってから初めて私たち翻訳家に依頼が来ます。そして作業に入るわけですけど、一度作成が完了したものを一度校正してもらい、手直しなどがあれば修正をします。それが完了して始めて出版ってなるわけですね。

あくまで小説とかの出版になったらの話なので他の翻訳になると話は少し違いますけど、校正してもらうのは変わりません。なのでできるだけ早い段階で1回目の翻訳原稿を納品しないといけないんです。そんな中で私が一緒に仕事をしてる会社は翻訳のACNという会社です。

この会社は依頼を受けてからの対応も良くて、質問したことに対してすぐ返答が来ますし、コンスタントに連絡をくれるので作業がしやすいです。その為翻訳会社としては信頼できる会社なんじゃないかと思ってます。私たち翻訳家への依頼もそうですが、翻訳の依頼をしたい時にも対応はすごくいいみたいですね。見積もりはすぐ出してくれるみたいですし、初めてなら割引もあるみたいなので個人的にもおすすめしますよ。

翻訳の仕事とは

私が主にやっている文芸翻訳とかは主に色んな言語で書かれた出版物を翻訳して日本人向けにする仕事です。出版物に限った事ではないですけど、色んな母体の物を翻訳してると何が何でって事はあまり考えなくなります。

ただ依頼された物を受けるかどうか判断してから作業に取り掛かるので気にしないんですよね。ただ、作品によっては翻訳した人の名前が載ることもあるのである意味では名前を売るのにはいいのかもしれないです。

紙面に書かれた物を翻訳する仕事は雑誌と書籍の二つに大きく分かれますが、その中でも細かく言えばフィクションかノンフィクションかっていう事でも分かれます。専門にしてる人もいるので細かく分類されるんですよね。

雑誌は海外向けの物を残しつつ翻訳したものを発売するケースと記事単位で翻訳して日本の雑誌で使用したりするのと分かれます。それぞれに需要はあるのでまだまだこの仕事をしてる人は多いですかね。こういった仕事はどうしても専門的な知識が必要になるって思う人もいます。もちろんそれも必要ですが、それ以上に経験がものをいう職種だと思ってます。技術的な事を言えば、翻訳するジャンルによってそれぞれに表現が異なったり、同じ単語一つにしても使われてる場所によっては翻訳の仕方を少し変えないといけなくなります。そうなるとただ英語ができるだけでは通らない場面になるのでこういった場所には経験が費用だと思います。

なかなか経験を積むのは難しいですけどね。

翻訳家の仕事

都内で翻訳家として働いてる綾香です。

私はフリーで働いてますけど、一応依頼を受ける会社はあります。まぁその話はまたにしますけど、私がしてる仕事の話を少ししようかなと思います。

とくに有名で皆さんが知ってるのは映像翻訳って言われるもので、洋画を観た時に出てくる字幕とかの翻訳の仕事です。それからあまり目には見えないですが、吹き替え用の台本の日本語翻訳とかも翻訳家さんがやってます。

一応テロップでは出てきますけど、そこまで有名はならないですよね。あることが当たり前な感じになってますし、それを誰がやってるかとか気にしないと思います。

私がしてるのは主に紙面に書かれてる英語とかの外国語を日本語翻訳する仕事ですが(文芸翻訳って言われるものです)、これにもいくつかパターンがあって、日本語に翻訳することもあれば逆もまたあります。

日本語を外国語に翻訳する場合ですね。これは大きな会場とかでスピーチしたりする時に使われたりします。これは文芸翻訳とは少し違って、実務翻訳って言われます。

同じ紙面の言葉を翻訳する仕事ですが、その用途によって結構変わってくるものです。

それから海外の人が日本のテレビにゲストで出てくる時に後ろに翻訳の人がいて、話してる言葉をその場で翻訳して伝えるっていう人もいますね。

私はまだそういった仕事はしたことないですが、ああいうのも一度は経験してみたいですね。そうは言っても私は打ち合わせとかも自宅で済ませてしまうので基本家から出る事はないわけですけどね(笑)